ご挨拶

WOODRISE 2021 KYOTO 組織委員会

会長深尾 精一

会長 深尾 精一

中高層木造建築物の発展を目指す国際的イベントであるWOODRISEが、2021年10月15日から19日にかけて日本の京都で開催されます。このことは、イベントを主催する私共にとって非常に大きな喜びです。

WOODRISEは、中高層木造建築物の発展のため、設計・建設のために必要な材料・技術・工学的なニーズや将来性を展望することを目的として、業界関係者が、一堂に結集するイベントで、2017年にフランスのボルドー、2019年にカナダのケベックで開催されてきました。

木造建築について、長い歴史を有する日本においても、中高層建築物・大規模建築物への木材の利活用が大きな政策課題となっていることを踏まえ、

持続可能な開発に向けた木の建築
伝統から未来へ

のテーマのもと、木造建築技術の先進各国の取り組みについて広く情報と知見を集めるとともに、国内及び諸外国の関係団体・企業の交流を深めることを目的として、WOODRISE 2021 KYOTOを国立京都国際会館で開催することといたしました。

このWOODRISE 2021 KYOTOでは、10月15日の夕刻の歓迎レセプションに始まり、16日及び17日の午前にかけて全体会議を予定しております。また、皆様もご存知の日本の建築家、隈研吾氏に記念講演をお願いしておりますので、ご参加の皆様には、海外での活躍も多い氏の日頃のお考え、ご意見などを伺う貴重な機会になるのではないかと考えております。
さらに17日の午後には、中高層木造建築物に関するテクニカルワークショップのほか、住宅建築業界におけるSDGsの推進に関するセッションやアジア・オセアニアにおける住宅市場に関するセッションを行う予定です。 加えて、18日、19日には、テクニカルツアーを準備するなど、充実したプログラムをご用意しております。

WOODRISE 2021 KYOTOを開催するにあたり、私達は木造建築物等にかかわる建築、住宅関連団体からなる組織委員会を立ち上げ、これらの関連団体のご支援・ご協力を得て、開催準備を進めていくこととしております。また、国土交通省を始め様々な政府機関・諸団体のご支援をいただく予定です。

この時期は、京都のベストシーズンであり、皆様には美しい秋の京都をお楽しみいただけるのではないかと思います。

2021年10月に、京都で皆様とお目にかかるのを楽しみにしております。